満開

sakura01

竣工して1年点検に、廻る家にお伺いしました。

満開の桜に、迎えて頂きました。

Details »

建築写真

R1050080

 

竣工写真を撮影に、「塙田・さくらの家」に、

このカットは、オープンハウスでも誰も見ていないだろうなと、

写真を撮影していると、色々なことが改めて見えてきます。

Details »

オープンハウス・リポート

R0021298

土曜日は小雨模様のお天気でしたが、日曜日には快晴に恵まれて

沢山のお客様がご来場頂きまして、誠にありがとうございます。

このような機会を頂きました、お施主様の御厚意に感謝するばかりです。

Details »

塙田・さくらの家 オープンハウス開催!

OH表完成

塙田・さくらの家
[日時] 2013.05.11-12(土・日) 10:00-18:00
[会場]栃木県宇都宮市塙田
[お問合せ先] 中山大輔建築設計事務所
Tel.028-902-8353 当日090-2770-8187(中山)

客様のご厚意で、オープンハウスを開催させて頂くことになりました。
さくらの木を中心に、スキップフロアで構成した小さな住まいです。
住まいつくりの参考として頂ければ幸いです。

当日に建築相談(無料)を希望方は、住所、氏名、連絡先とご希望時間を記入して
相談希望と記載してメールにてご連絡下さい。折返し、ご連絡致します。
メール:info@nkym-aaa.com

以前に、メールを頂いた方、オープンハウスに来られて芳名帳に
記載された方は、案内状の送付を予定しております。

見学会場には、駐車場がありません。
近隣のコインパーキングをご利用頂き、徒歩でご来場下さい。

※建物の写真撮影は可能ですが、web・ブログ等の掲載の場合は一言伝えて下さい。
※同業者の方、建築関係の方、営業の方は、受付にてその旨お伝え下さい。

 

サワラの回り階段

P1040796

 

今回は初めての回り階段を設計してみました、

ここは上手く丸太が棟に納まりましたので、

杉磨き丸太の回り階段にしてみました。

まずは、下書きから、、、

Details »

ずいぶんと出来上がって

P1060942A

外部の左官が終了して、ずいぶんと内部造作も進んできました。

あとは、壁を張ってくると空間がもう少しはっきりとしてきますね。

春に完成予定ですので、順調、、ちょっと遅れています、、

Details »

開口部の造り方

住宅に置いて開口部は、外と繋がる重要な部分になってくる。

今回は、大きな木製建具の隣に、少し小さな突き出し窓をつけて

風を取る窓としてみた。

Details »

ステップフロアー

3段のステップフロアーの床が出来てきました。

傾斜地なので必然的な面が大きいのですが、

空間の奥行き感やリズムみたいな物を意識してます。

Details »

いぶし銀

「いぶし銀」: 華やかさに欠けるが実力はあること

「いぶし銀」:燻(いぶ)しを掛けた銀

板金屋根の色で、ずっと使いたかった色をようやく使いました。

その名の通りの色なんですが、華やかではないが落ち着いた色で、

他に邪魔をしない感じがあります。

Details »

上棟式

上棟式を行いました。

どんな大工さんなのか知る機会でもありますので、

直会(なおらい)にて、お施主様とお話しながらの食事会です。

今はお酒は飲みませんが、棟梁の手締めのリズムが違うのは何故などと

面白い話も聞けました。

Details »

棟を上げる

「上棟」って棟を上げると書き、その通り棟木を設置することですが、

今回の住まいは、一番高いところに、棟木が一本ピシッと、

平面的にみると「ナナメ」に通っております。

Details »

段基礎の長いみちのり

傾斜地の段基礎ですと、なかなか長い道のりで、

段基礎部分の定着含めて、色々検査項目が増えます。

スライド風に、砕石地業から Details »

掘削から、床付けへ

面白い風景ですね。

鋼管杭は杭頭を処理してレベルを調整し

掘削から、砕石地業、捨てコンクリートへと進んでいきます。

Details »

ようやく掘削、、

ようやく基礎工事が始まりました、、、

こちらは、リビングから見えるだろう風景です。

アノ木がなんなのかはまだ分からないのですが、桜であることを期待しております。

Details »

鋼管杭

地面から、こんなものが何本もでています。

今回は、傾斜地であり、隣地との段差、建物自重をすべて杭に伝えるなどの

色々な諸条件により、鋼管杭を採用することとなりました。

Details »

地鎮祭

まだまだ、残暑はきびしいですが、

晴天に恵まれた中、地鎮祭を迎えることができました。

毎回ですが、地鎮祭を迎えると、いよいよと身が引き締まります。

 

 

地盤調査、、

いつものSS調査と、ハンドオーガーを追加調査

ハンドオーガーですが、いつも使っている機械が調子が悪いそうで、

本当に、手掘り調査となりました。

どうりで、調査員がいつもより若手が来たなと、

Details »

塙田・ゆるかかな傾斜地にたつ家

宇都宮の中心市街地にある、南に向かって緩やかに傾斜する土地に、

土地の形に馴染むように、設計してみました。

土地の傾斜と同じように、ゆるやかなにつながる空間

とても、奥行きのある豊かな空間が広がります。

Details »