3年が過ぎた住まい

DSC09242

 

お引き渡しから、3年を経過したニコノウチに伺ってきました。

リビングからの風景は、お引き渡しした時から一変し、緑が豊かになり目隠しできるようにまでなりました。

北庭は、樹木に順光で光が当るので、樹木がきれいに輝いて見えるのです。

心配していた、北面採光も全然問題なく過ごされているそう、3年経ってそう言って頂けると感慨深いものです。

Details »

竣工写真

前回の写真撮影で、数打ちゃ当たるとばかり、

256枚も撮影してしまって、四苦八苦して、、

その反省を生かし、今回はノートパソコンで

撮影したものをその場で表示し、削除していったら、

小さい家というのもあるが、写真が完成しました。

それにしても、広く見える、、

Details »

オープンハウスレポート

オープンハウスは、2日間で、計32組の方にご来場頂きまして、

誠にありがとうございます。

ゆったりとお話も出来たりして、薪ストーブもあたたかく、ほどよい感じでした。

 

お施主様には、このような機会を頂きましてありがとうございます。

次回は、来年3月辺りで予定しております。

またのご来場をお待ちしております。

オープンハウスのご案内

オープンハウスのご案内です!
富士見ヶ丘の住宅街に、建坪12坪の小さなお家が完成しました。
小さなお家ですが、豊かで大きく暮らせるお家です。
是非、ご覧頂きますようお願い申し上げます。

Details »

お庭には緑を

Nico Houseは50坪の小さな敷地に、12坪の小さな家を建てる。

けど、50-12=38坪

まだ、38坪もある、駐車場を3台分とっても、まだお庭がつくれる。

デッキと樹木を植えて、緑の庭をつくる事にした。

Details »

棟換気って

あまりやらない切妻屋根ですが、嫌いという訳ではなく。

太陽熱利用等をしていると必然的に片流れ屋根が多くなるのですが、

久しぶりの切妻屋根ですが、重要なのは屋根の換気をどのようにとるかです。

そこで、棟換気部材を使用してみました。

Details »

板金工事

板金屋さんは、震災の影響で屋根工事が増えて

いまだに忙しいようです。

そんな中なんとか今月中に葺いてもらおうと

父子鷹職人の鈴木板金さんに頑張って来てもらいました。

Details »

天井

天井は、シナベニア5.5t目透かし張りに落ち着きました。

垂木表しとも思ったのですが、壁が漆喰になり、床が唐松、

天井が低いので圧迫感がなく、軽いイメージっという事です。

毎回、なにかよい天井材がないか探しているのですが、、、、

Details »

外壁完了!

外壁が無事に張り上がった。天気が悪くなる前でよかった。

どんな感じかというと、私的には「なんかいい」が出ているかなと。

ただし、大工さんの張り手間は少し改良の余地がありました。

Details »

大谷石

薪ストーブの敷石に使う大谷石を取りに、

久しぶりに、大谷石の採掘場へ行きました。

薪ストーブは、やはりコンクリート+石の上に設置するのがベストです。

簡易な方法もありますが、長期荷重と木下地との相性等を考えると

コストはかかるのですが、最適な方法です。

Details »

12坪ハウスの外壁は?

外壁は、少しテイストを変えてフレキシブルボードの下見板張りです。

杉の下見板張りと同じようなピッチで、フレキシブルボードを貼っていきます。

なんだろう?、なんかいいね!を狙ってみました。

Details »

十字格子

吹抜けの上部の窓に、十字格子が付きました。

引き違いのアルミサッシが吹抜け部分にもつけて、

少しだけ窓が開けられるようにしてあります。

これで、風が取り入れられ、アルミサッシの框は隠せて、

外観が同じで、すっきりと納まります。

Details »

上棟式

上棟式に、久しぶりに料理をしようと思いたち、

鯛の塩釜焼きに、鯛をおろしたした事もないのに挑戦!

Details »

猛暑の上棟日

明日にでも涼しくなるとの予報でしたが、、

私も初めてですが、猛暑中での上棟となりました。

水分、塩分を補給をしながら、無事に棟上げしました。

Details »

あっ、基礎完成

あっとゆうまに基礎が完成しました。

小さいから「あっ」って感じで終わってしまうのですが、

今回は、ベタ基礎に外周部のみに立上がりコンクリートがある形状の基礎を採用しました。

地盤が良好で、建物も軽く、基礎形状も単純です。必然的に耐震性も向上します。

いつと違うのは、1F床が低めに設定しています。

庭との関係性がよくなるのではと、期待しています。

Details »

12坪ハウス始動

新たなプロジェクト「12坪ハウス」が着工を迎えました。

3.5間×3.5間=12.25坪、基礎をみても12坪だな、、、

意外と大きく感じて、大丈夫とも思ったのだが、、、

お客様の反応が気になるところ、、、

 

とにかく、着工を迎えました!

これから、あっという間に建つ予定でおりますので、

レポートをマメにしていく予定です。

お付き合い下さい。

地盤調査

12坪の家ですが、模型を製作したのがまだ1ヶ月も経っていないと思いますが、

トントン拍子で、今日実施設計完了です。

最短記録かもしれないぐらいの早さでスピード上がったなと思っていましたが、

よくよく考えると、ただ小さいので量が少なかっただけと気付きました。

Details »

「最小限住居」12坪ハウス

汎用性と美学、空間の連続性、単純性・合理性、構築性・柔らかさ、比率・内外の一体化

3.5間角の正方形のプラン、4坪の吹抜、メインファサードの大開口、単純な屋根

Details »