白河へ

P1050139

 

白河へ、突然思い立ち強行日程で出かけてみた、

お目当ては、白河市図書館と白河ラーメンといった感じで、

Details »

直島巡り

恒例の朝うどん、「手打十段 うどんバカ一代」さんです。早朝営業していて人気店です。

この旅始まっていらいの釜玉うどんです。このお店は釜玉バターも人気のようです。

うん、やはり、釜玉うどんはいいですね。今日高松を離れるので最後の讃岐うどん。美味しかったです。

Details »

男木島・女木島

昨日カレーうどんを食べたのに、朝は少し寝坊をしてたのでホテル近くの「根っこ内町店」へ

Details »

犬島「家プロジェクト」

犬島精錬所を出て、家プロジェクトへと足をのばす。

建築は「妹島和世」です。

Details »

豊島めぐり

自転車で走っていると、大根?が干してある!

アート作品かと思い、近くでみると、漁の道具。

そんなものが、アートあってもよいのでは

Details »

豊島・島キッチン、、

豊島美術館だけ紹介して、犬島へ行ってしまいましたが、

飛ばし過ぎとの声で、、、豊島にもどります。

紹介するのは、島キッチン

Details »

犬島精錬所

豊島から、フェリーで犬島へ

犬島精錬所は、明治42年に銅の精錬所として開設され、

一時期は、島に社宅、飲食店、旅館が建ち並び、人口4000人に達したこともあったようだが、

銅価格の暴落を受けて、大正8年に閉鎖された。

その後、放置されていたが、廃墟愛好家には有名な所だったらしい。

今回のアートプロジェクトで、保存、再生されて美術館として生まれ変わった。

Details »

豊島美術館へ

豊島美術館は、建築界のノーベル賞とも言われる権威あるプリツカー賞を

受賞したsanna(妹島和代・西沢立衛のユニット)の建築家西沢立衛氏と

彫刻家内藤礼氏のコラボレーション・ミュージアムです。

「新建築1月号」で特集されて、行かなければと思っていた建築です。

Details »

豊島へ

久しぶりの飛行機の旅で、高松空港へ

羽田空港の模型が展示されていて、見入ってしまう。

いつも、建築模型を作っていると、完成度の高い模型を見ると

素材はなに?どうやって作ったのか気になってしまう。

無事に高松空港につき、高松駅近くのホテルで宿泊、、、

そして、朝6時起き!

Details »

湯西川温泉 平の高房

3月に入っても雪が降る。
冬は温泉へという事で、誘われるがままに湯西川温泉へ
初めてでしたが、鬼怒川温泉、川治温泉の先にあります。
宿も、湯西側温泉の一番奥の「平の高房」へ
雪化粧された姿は、幻想的でした。

Details »

光の館

畳に寝転びながら、日没後の空の光の色が刻々と変わり、四角く切り取られた空は、
青から濃い青へ、そして漆黒の空へ変化する光を感じる事ができる。

Details »