「真岡・並木町の家」見学会予約状況!

7月7日(土曜日)

10:00- S様、空き
11:00- M様
12:00- K様、空き
13:00- Y様、空き
14:00- 空き
15:00- 空き
16:00- 空き

7月8日(日曜日)

10:00- U様、空き
11:00- 空き
12:00- 空き
13:00- 空き
14:00- O様、空き
15:00- M様、空き
16:00- 空き

見学会のご案内!「真岡・並木町の家」

真岡・並木町の家 (予約制)
[日時] 2018.07.07-08(土・日) 10:00-17:00
[会場]栃木県真岡市
[お問合せ先] 中山大輔建築設計事務所
Tel.028-902-8353  mail:info@nkym-aaa.com

お客様のご厚意で、オープンハウスを開催させて頂くことになりました。

真岡市の住宅街に建つ2世帯住宅です。
親世帯と子世帯が中庭を囲むようにL型に配置されています。
大きな開口部と吹抜を持ち、のびやかな空間が迎えてくれれます。
子世帯の屋根にはOMソーラーを採用しており、快適な空間を実現しています。
今後の住まいづくりの参考としていただければ幸いです。

今回のOHは、ゆったりとご見学頂きたいという思いから、予約制となっております。
ご来場ご希望の方は、当事務所に住所氏名を明記した上で、電話及びメールにてご連絡下さい。
こちらから見学地の地図を送付させて頂きます。

なお、当日にゆっくりと建築相談(無料)を希望方は、
住所、氏名、連絡先とご希望時間を記入して
相談希望と記載してメールにてご連絡下さい。折返し、ご連絡致します。

電話:028-902-8353
申し込みメール:info@nkym-aaa.com

以前に、メールを頂いた方、オープンハウスに来られて芳名帳に記載された方には
案内状の送付をしております。こちらも当事務所まで予約のご連絡下さい。

見学会場には、駐車場が数台しか停めることが出来ません。
状況に応じて少し離れた所に停めて頂く可能性もありますので、ご了承下さい。

※建物の写真撮影は可能ですが、web・ブログ等の掲載の場合は一言伝えて下さい。
※同業者の方、建築関係の方、営業の方は、受付にてその旨お伝え下さい。

手刻みは楽しいな!

刻みの打合せに、工務店さんに伺うと、みっちりと書かれた図面と質疑、、、

最近はほとんどがプレカットですが、こちらは手刻みです!

今回は形状的に、手刻み部分があることが分かってましたから、全部手刻みで、、

といいますか、お願いしている平政工務店さんは、すべて大工による手刻みで全棟行っている貴重な工務店さんです。

Details »

オープンハウス・リポート

見学会中の天気にも恵まれまして、合計72組の方にご来場頂きました。

誠にありがとうございます。

いつもと少しテイストが違って、若干戸惑い気味の方もいらっしゃいまして、

いつもは、カフェみたいとか言われることが多かったのですが、

今回は図書館、美術館みたい、、、だそうです。(子供の意見は素直です!)

設計者としては、芯はしっかりとしていて、作風の幅が広いことは良いことと褒め言葉と捉えております。

Details »

「高根沢・セブンハウス」住宅見学会のお知らせ!

高根沢・Seven house
[日時] 2018.5.25-27(金・土・日) 10:00-17:00
[会場]栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺2336-16
[お問合せ先] 中山大輔建築設計事務所
Tel.028-902-8353 当日090-2770-8187(中山)

お客様のご厚意で、オープンハウスを開催させて頂くことになりました。
家の形が上から見ると偶然にも数字の7の形をしていることから、セブンハウスと名付けました。
屈折しながら空間が展開し、奥行きのある居室空間は少し床から浮遊していたりと、
面白い空間となっております。
今後の住まいづくりの参考として頂ければ幸いです。

Details »

見学会のご案内!「宇都宮・星見台のある家」

宇都宮・星見台のある家
[日時] 2018.04.21-22(土・日) 10:00-17:00
[会場]栃木県宇都宮市
[お問合せ先] 中山大輔建築設計事務所
Tel.028-902-8353 当日090-2770-8187(中山)

お客様のご厚意で、オープンハウスを開催させて頂くことになりました。

宇都宮市の住宅街に建つ小さな住宅です。
敷地の周りを住宅街に囲まれていますが、大きなバルコニーを持ち
屋上には、星をみるための台が設置されていて、
ゆとりのある空間が各所に用意されています。
暮らしを見に、是非お越しください。
今後の住まいづくりの参考として頂ければ幸いです。

今回のOHは、ゆったりとご見学頂きたいという思いから、予約制となっております。
ご来場ご希望の方は、当事務所に電話及びメールにてご連絡下さい。
こちらから、地図の入った案内メールを送付させて頂きます。
場所が分からない場合には、当日携帯のご連絡下さい。

なお、当日にゆっくりと建築相談(無料)を希望方は、
住所、氏名、連絡先とご希望時間を記入して
相談希望と記載してメールにてご連絡下さい。折返し、ご連絡致します。

電話:028-902-8353
メール:info@nkym-aaa.com

見学会場には、駐車場が数台しか停めることが出来ません。
状況に応じて少し離れた所に停めて頂く可能性もありますので、ご了承下さい。

※建物の写真撮影は可能ですが、web・ブログ等の掲載の場合は一言伝えて下さい。
※同業者の方、建築関係の方、営業の方は、受付にてその旨お伝え下さい。

那須と烏山で地鎮祭!

ほぼ2棟同時に着工を迎えることができました。

こちらは、烏山大金の地鎮祭を温かな春の陽気の中迎えることができました。

周囲も田畑と雑木林に囲まれた環境のよい所で、平家の家が似合いそうです。

Details »

ひさしぶりの更新

少しだけ外観が見えてきました。

敷地条件の厳しい敷地で、駐車スペース3台とアプローチ、デッキ、細長い東庭を

地面に確保しつつ、飛び出た部分は、2階居室の延長であるバルコニーです。

多肉植物を育てたり、子供の遊び場にもなりと、楽しそうな空間です。

Details »

氏家・中庭のある家

氏家に、小さな中庭を持つ平屋の住まいがスタートです。

廻りを建物に囲まれた分譲地で、西側には、サービスヤードを配置して、

東側に、樹木のあるプライベートな小さな庭を確保しました。

正面は、片流れの屋根と下屋をかけているバランスのよい落ち着いたファサードを

Details »

宇都宮・扇の家

宇都宮の住宅街の角地に建つ、住まいの計画がスタートしました。

土地が少し変形地になっているために、その土地をどのように上手く使うかと考えまして、

扇に! 土地に素直に立てた結果ですが、その形が内部空間にも反映され、

その空間がとても面白くい空間になりそうです。

Details »

砥上・焼杉の家

また、焼杉の家の仲間が増えそうです。

4間角(7.28m)に、BOXが取り付いた形状で、素直に寄棟の屋根をかけました。

外壁は、焼杉を竪張りしてみようかと考えております、、、

焼杉は、その素材そのもののパワーが強すぎるので、逆らわずに使ってきましたが、

今回は、素材はそのまま、張り方と納め方で、新しいデザインにしたいと思っております。

Details »

益子・二つ庭の家

益子町の農家住宅に、新たなに若い夫婦が住まいを作るプロジェクトです。

特徴は、南庭と北庭と繋がる、この空間です。特に北庭の作りこみが重要ですね。

もちろん、断熱や暖房方式をしっかりカバーした上で、太陽光が取り込める暖かい空間にします。

Details »

セミナーのご案内!

 

トータスフォレストにて、

「地域の木材を活用した保育・福祉施設と健康を考えるセミナー」が開催される事となりました。

お恥ずかしながら講演をさせて頂くことになりました。

今話題の企業主導型保育、複合(共生)型福祉施設にもふれつつ、木造で施設を作る意義などをお話しさせて頂く予定です。

ご興味のある方は、下記木造施設協議会のHPに詳しい内容が掲載されております。

http://mokuzoushisetsu.or.jp/info/info-997/

 

黒羽・継の家 竣工写真をアップしました。

この地に古くからあった母屋の面影そのままに、景色を変えることなく時代を継ないでいく

この写真は見栄えはしませんが、私の考えていた事を一番表現してくれていて好きな写真です。

HPに竣工写真をアップしましたので、ご覧ください!

建築写真は、いつもお世話になっている「藤本一貴」さんです。

毎回ですが、今回もいい写真を撮って頂きました。

秩父へ木材を選びに!

ヒノキとサワラって、枝も木目も似ている兄弟のような木なんですが、

秩父の山では、寒くてヒノキが育たなかった場所に、寒さに強いサワラを植えたそうで、

栃木に比べると、サワラが多くとれるそうです。

そして、どうやって見極めるか? 葉っぱの後ろが少し白いのがサワラの木だそうです。

製材された状態では、私はいまだに見極めがつかないのですが、節の辺りでわかるそうです。

木材ももっと勉強が必要ですね。さて、そんなことで秩父の山へ行ってきました。

Details »

第6回チルチンびと住宅建築賞 受賞!

「喜連川・桜ヶ丘の家」が、

チルチンびと住宅建築賞 45才以下建築家部門にて、優秀賞を頂きました。

 

去年の「加園・片流れ屋根の家」「下野・西庭の家」に続いての3年連続の受賞となり、

現在ではこの賞に応募するのが日課となっており、45歳まで続けて行こうと思っております。

(あと数回、数年しか応募できません、、)

傾斜地の設計と施工の大変さも、賞をいただけるとちょっと救われます。

今後も、丁寧に設計活動を続けて日々精進してまいります。

 

第6回チルチンびと住宅建築賞

主催:株式会社 風土社

審査委員長:泉 幸甫

審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男

http://www.fudosha.com/ad/kenchikusho.html

ようやく現場らしく

外壁にはいままであまり使用してきませんでしたが、珍しくレッドシダーを貼ってみました。

レッドシダーはもちろん耐久性が高くてよい木材ですが、最近良質なレッドシダーが少なくなってきました。

下見板張りで、横に流れるようにというイメージで、色のバラツキもなんとか許容範囲に納まりました。

軒天と合わせて、クリア塗装のみで素地に近い状態にしました。

Details »

トータスフォレスト竣工写真ができました!

施設名がようやく決定した「トータスフォレスト」

竣工写真が出来上がってきました。

よろしければ、HPのworksをご覧ください!

竣工写真をHPにアップしました!

「中一の沢・光庭のある家」の竣工写真をHPにアップいたしました。

建築写真は、今回もというか毎回、藤本一貴さんです。

よろしければ、HPをご覧ください!

表彰式のはしご

 


いばらきデザインセレクションとマロニエ建築賞の受賞式が重なりまして、

午前にひたちなかに、午後宇都宮へと表彰式のはしごです。

めったにない事ですので、楽しもうと思いいましたがどっと疲れました。

事業主である社会福祉法人慶育会の吉永様と並んで、受賞させて頂きました。

去年に続いての受賞で、嬉しい限りです。

Details »